青汁と好転反応

青汁と好転反応

肌荒れを感じていた方が青汁を飲むと、すぐに感じることがあるのが好転反応です。一度体の機能が落ちても、恒常性により元に戻そうとする働きは人にはあるため、細胞が活性するために一時的に悪い症状が出るものなのです。これを好転反応と呼び、有害物質の排泄が高まるとし、一時的に肌荒れが酷くなってしまうことがあります。

 

・ 下痢が起こる
・ ニキビが酷くなる
・ 頭痛
・ 倦怠感

 

などの症状が一時的に現われることがあります。皮膚は排泄器官のひとつでもあるため、汗と一緒に老廃物や有害物質が出ていけば、ニキビや肌荒れが酷くなることもあります。人によっては排泄の作用が高まり下痢を起こす人もいます。

 

青汁を飲み始めたらすぐに下痢してもビックリしないようにしてください。最初に現われる好転反応として多いのが下痢だからです。食べ物は消化器官に運ばれるため、最初に腸に影響が現れやすくなります。溜まっていた老廃物と水分とを一緒に出そうとする働きが起こり、下痢が一時的にひどくなる人もいます。

 

どちらかというと普段から食品添加物をよく食べていたり外食が多い方など、食生活のバランスを崩している人に好転反応は見られるといわれています。持病があり薬を飲んでいる方も、排泄力が高まる可能性があります。