肌荒れのために飲む時間

肌荒れのために飲む時間

たくさんの美肌成分が含まれている青汁ですが、飲む時間は少し調節してみましょう。ビタミンCを主に摂取しながら抗酸化作用を高め、シミやシワを防ぐ働きなら朝がおすすめです。ケールの青汁を飲むとビタミンCが摂取できます。それ以外の場合では寝る前の青汁が肌の再生力を高めてくれます。

 

寝る前に青汁を飲むのは、肌を作るゴールデンタイムに栄養が行き届くようにするためです。夜10時〜夜中の2時くらいまでがゴールデンタイムと呼ばれており、この時間に成長ホルモンが多く分泌され、体内のダメージを受けた細胞を修復しています。

 

さらに血糖血の上昇を押さえて肌の糖化を防ぐ目的なら、食前に飲むのがおすすめです。食前に青汁を飲んでおくと食物繊維により糖質の吸収が緩やかになり、血糖値が上昇しにくいため肌の糖化を防ぐことができます。糖化は肌のたんぱく質と糖が結合しかたく変化する現象で、老化の原因のひとつともいわれているものです。

 

便秘で肌荒れを解消したい場合は、朝の排便を促がすために寝る前がおすすめです。夜に食物繊維を多く摂取しておくことで、朝の排便がスムーズになります。人によっては食物繊維でお腹が緩くなることもあるため、飲む量は調節してみてください。